新郎新婦もゲストも満足o(*^▽^*)o 素敵な和装ウエディングができる結婚式場ガイド

HOME » 和装の花嫁さん江 ~挙式に向けて~ » 神前式の流れを知っておきましょう

神前式の流れを知っておきましょう

日本の結婚式で多くの人から選ばれているのが神前式。実際はどんな儀式が行われるのか、挙式の流れやそれぞれの儀式の意味について調べてみました。

神前式での結婚式の流れ

1.参進の儀(新郎新婦入場)

和婚の名シーンとも言えるのが新郎新婦入場の儀式。花嫁行列とも呼ばれ、齋主や巫女の先導で新郎新婦、両親、参列者が神殿へ向かって歩きます。風情あふれる景色の中での参進は、これからはじまる式を厳かな気持ちで臨むことができます。

2.齋主挨拶

修祓の儀というお祓いの後に、祝詞奏上という神への結婚の報告が行われます。

3.三三九度

新郎新婦が行う儀式です。大中小3つの盃を二人で交互に飲み交わして夫婦の契りを交わします。本来は9回行いますが、最近は6回に省くところも多いそう。

4.誓詞奉読(誓いの言葉)

新郎新婦による誓いの言葉。会場によって齋主が決めた言葉を読み上げる場合と、オリジナルの言葉を用意できる場合があります。

5.指輪交換

神学的な意味はないそうですが、最近はほとんどの神社で行っています。

6.玉串の奉納

玉串という榊(さかき)の枝に白い紙を付けたもので祈りを捧げる儀式。巫女さんから二人で玉串を受け取ったら、玉串案まで進み、時計まわりに半回転させてからお供えします。二礼二拍手一礼をして終了。玉串の持ち方など細かく作法が決まっています。

7.巫女の舞

雅楽の演奏のもと行われる両家の繁栄を祈る儀式。巫女さんによる風情あふれる舞はゲストにも喜んでもらえます。

8.親族盃の儀

親族同士による両家の絆を深める三三九度。

9.齋主祝辞

最後に齋主から再度お祝いの言葉が読み上げられて終了です。

両親や親族にも喜ばれる神前式

古式に沿った神前式を行う式場では、このような数々の儀式を行ったうえで厳粛に将来を誓うことができます。

そもそも神前式とは「家と家を結ぶ」という意味あいを持つ挙式。
二人にとってはもちろん、お世話になった両親や親族にとっても家族の絆を深める価値ある結婚式と言えるでしょう。